読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kenji Yanobe Supporters club

現代美術家ヤノベケンジの活動情報です。(運営:KYSC)

琳派の神々が降臨する植物園「P ANTHEON(パンテオン)―神々の饗宴」展

展覧会

琳派 400 年記念企画展覧会
「PANTHEON(パンテオン)―神々の饗宴」展

京都府立植物園「鏡池」

ヤノベケンジ×増田セバスチャン×高橋匡太

琳派によって描かれた風神・雷神、そしてフローラ(花の女神)が、400年の時を超えて、パンテオン(万神殿)である京都府立植物園に降臨します。会期中、太古の神話のように、神々が登場してきます。是非、季節によって変わりゆく植物の鑑賞と合わせてご来園ください。

序章 「雷神—黒い太陽」2015 年5 月 26 日より

1章 「フローラ降臨」7 月 25 日より

2章 「風神の塔」8 月14日より

最終章 「New Generation Plant」9 月中旬より

髙橋匡太によるライトアップ饗宴 ※仲秋9月27日(日)~10月11日(日) 夕刻

ヤノベケンジ《雷神-黒い太陽》

京都府立植物館は、もともと上賀茂神社の社領地です。上賀茂神社祭神は、賀茂別雷大神であり、雷の神様です。雷は地球の気体が電離して放電するプラズマ現象ですが、太陽もプラズマ現象を起こしています。雷は「神鳴り」が語原であり、太古から神様が起こす現象だと思われていました。《雷神-黒い太陽》は、人工的に雷を発生させる装置を備えており、地上に降り立つ雷神を表現しています。

f:id:yanobe:20150601202205j:plain

ヤノベケンジ+増田セバスチャン《フローラ(花の女神)》

フローラは、ローマ神話における花の女神です。それにちなみ、植物相を表すFloraの語原になっています。《フローラ》は、京都府立植物園の植物に宿る神様です。そして、睡蓮の咲き乱れる「鏡池」に置くことで、三十三間堂の中心にあって、蓮華座に座る千手観音のように、すべての花や植物のシンボルの女神として表現しています。

f:id:yanobe:20150814000302j:plain

ヤノベケンジ《風神の塔》

広大な敷地を持つ京都府立植物園の数多くの植物は、賀茂川から引かれた水によって生育しています。《風神の塔》は、風車が生み出すエネルギーによって、その水を吸い上げ噴き出すことで、生命を育む水の循環と浄化を表しています。同時に、水の起源である風雨をもたらす風神を表現しています。

f:id:yanobe:20150814000311j:plain

 

f:id:yanobe:20150814000214j:plain

f:id:yanobe:20150814001248j:plain

関連記事

 

yanobe.hatenablog.com

 

 

yanobe.hatenablog.com

 

 

yanobe.hatenablog.com

yanobe.hatenablog.com

 

 

yanobe.hatenablog.com

 

 

yanobe.hatenablog.com

yanobe.hatenablog.com

 

 

yanobe.hatenablog.com

 

 

yanobe.hatenablog.com

 

 

yanobe.hatenablog.com