読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kenji Yanobe Supporters club

現代美術家ヤノベケンジの活動情報です。(運営:KYSC)

ミュージアムロード・オブジェ「Sun Sister」の完成お披露目式の開催

 

f:id:yanobe:20150622210715j:plain

 兵庫県立美術館から神戸市立王子動物園までを結ぶ「ミュージアムロード」に、沿道の賑わい創出につながるオブジェ第2弾として、未来の希望を象徴するオブジェ「Sun Sister」が完成します。これを機に、制作者のヤノベケンジ氏を招き、地元の子どもたちの参加のもと、下記のとおりお披露目式を開催します。

 

1 オブジェの概要 
(1) 作 品
「Sun Sister」(サン・シスター)
(高さ約6m、外装FRP、ステンレス、鉄骨構造)

《制作者の作品コメント》
過去・現在・未来を見つめ、希望の象徴としての「輝く太陽」を手に持ち、大地に立つ少女像。

(2) 制作者
ヤノベケンジ
・49歳、大阪府在住 京都造形芸術大学教授・現代美術作家。
・2009年 「水都大阪2009」にて、火や水を噴く龍が乗るアート船「ラッキードラゴン」、巨大ロボット「ジャイアント・トらやん」等を発表し、大阪文化賞受賞。 
・2012年 震災復興を掲げるモニュメント「サン・チャイルド」を大阪・南茨木駅前に設置。
 
(3) 設置場所 
  兵庫県立美術館南側敷地 大階段下(神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1) 

2 お披露目式
 (1) 日 時
    平成27年6月28日(日)11:30~12:00(受付11:00~) 
 (2) 場 所
   兵庫県立美術館南側敷地 大階段下 オブジェ設置場所付近 
 (3) 次 第
   ・主催者あいさつ
   ・来賓あいさつ
   ・制作者による作品説明
   ・合 唱(神戸市立なぎ小学校合唱部)
   ・テープカット
   ・記念撮影

 

 

ヤノベ ケンジ
京都造形芸術大学美術工芸学科教授
兼ウルトラファクトリーディレクター
現代美術作家
1965年 大阪府生まれ、現在高槻市在住

 

《主な活動》
1990 年~ 現代社会における「サヴァイヴァル」をテーマに実機能をもつ機械彫刻作品を数多く制作。
1997 年 チェルノブイリを探訪する「アトムスーツ・プロジェクト」を敢行。
ユーモラスな形態に社会性のあるメッセージを込めた作品群が国内外で高い評価を得る。
2009 年 大阪を舞台にした「水都大阪2009」にて、火や水を噴く龍の乗るアート船「ラッキードラゴン」、巨大ロボット「ジャイアント・トらやん」などを発表。大阪文化賞受賞。
2011年 東日本大震災後、復興・再生の願いを込めた希望のモニュメント「サン・チャイルド」を国内外で巡回展示。
2012 年 「サン・チャイルド」を大阪・南茨木駅前に設置。
2013 年  「瀬戸内国際芸術祭2013」、「あいちトリエンナーレ2013」に出展。
2014 年 「2014京都国際映画祭」に参加。
ビートたけし吉本新喜劇など他分野とのコラボレーションや機械彫刻、巨大彫刻、演劇、絵本など、既存のアートの枠組みを超えたユニークな作品の制作・発表を精力的に行っている。